フレッツ光

プロバイダとは?

プロバイダとは?

インターネットは、光ファイバー回線などで結ばれたコンピュータ同士がネットワークで結ばれ、全世界のネットワーク を相互に接続したものをインターネットといいます。 プロバイダーはインターネット接続用の通信回線を提供する業者で、インターネット・サービス・プロバイダー(ISP) と呼びます。

電子メールやホームページなどのインターネットのサービスを利用するには、光ファイバー回線や電話回線を通じて インターネットの回線に接続する必要があり、その橋渡しをしてくれるのがプロバイダーです。 また、フレッツ光を利用するためにはNTTのフレッツ光回線とプロバイダー契約が必要となります。 現在、全国のプロバイダーの数は大小併せて約1000社以上と言われており、そのサービス も各社で多様なものとなっています。自分にあったプロバイダーはどこなのか、適切に選ぶ必要があります。

NTTの光回線としては「フレッツ光」がコンシューマー向けのサービスブランドとして 有名でしたが、最近ではNTTフレッツ光とコラボレーションした「光コラボレーション」が 、大手プロバイダであるOCNやビッグローブ、So-netなどをはじめ、多くのプロバイダや企業から登場し、光回線とプロバイダをセットで提供するサービスが主流になってきています。