光回線がエリア外!工事ができない!そんな時はどうすればいいの?

Wifi回線の比較

光回線の契約をしようとしたものの、提供エリア外で契約できなかった人やマンションなどの建物の都合上、工事ができないと言われた人はどうすればいいのか?

当コラムでは、光回線が提供エリア外の場合や工事不可の場合の解決策について紹介していきます。

独自の光回線が提供エリア外だった場合

光回線はNTTが提供する「フレッツ光」を始め、独自の回線サービスを提供している「NURO光」や「auひかり」などいくつか種類があります。

 

そのため、「NURO光」や「auひかり」などの独自の光回線が提供エリア外だった場合は「フレッツ光」や「フレッツ光」を利用した光回線サービス「光コラボレーション(光コラボ)」なら、契約できる場合も!

 

光コラボ・・・ドコモ光、OCN光、ソフトバンク光、BIGLOBE(ビッグローブ)光、@nifty(ニフティ)光、So-net光プラスなど

 

「NURO光」や「auひかり」は独自の光回線のため、現在は提供エリアが限られていますが「フレッツ光」なら提供エリアが広いため「やっぱり光回線を契約したい!」という人は、フレッツ光の公式サイトにて住んでいるエリアを確認してみてはいかがでしょうか。

 

NTT東日本|フレッツ光 エリア確認

NTT西日本|フレッツ光 エリア確認

 

「光コラボ」は「フレッツ光」の回線を利用しているため、「フレッツ光」の提供エリアなら「光コラボ」の契約も可能!

マンションタイプでの導入が不可だった場合

マンションやアパートなど集合住宅に住んでいる人で「フレッツ光」や「光コラボ」でマンションタイプでの導入が不可だった場合は、ファミリータイプ(戸建て)で導入する方法なら可能な場合も!

 

ファミリータイプで導入する場合、マンションタイプの工事内容とは異なるため、事前に大家さんや管理会社に工事の許可を取る必要があります。

また月額料金や工事費もファミリータイプでの料金となります。

 

そのため、少し手間もかかり料金も高くなってしまいますが、ファミリータイプなら光配線方式での引き込みとなるため、通信速度は最大1Gbpsと高速通信を利用することができるので、快適な通信環境を求める人はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

このように独自の光回線が提供エリア外だった場合やマンションタイプでの導入が不可だった場合は、こういった解決策もありますが、建物の都合上工事自体ができなかった場合や「フレッツ光」が提供エリア外だった場合は、同じ回線を利用している「光コラボ」も提供エリア外になるため、どうすればいいのか?

工事不要でWi-Fiを使う方法とは?

マンションやアパートなどの建物の都合上、工事ができない人や「フレッツ光」が提供エリア外だった人は、インターネット回線を契約する以外に工事不要のWi-Fiを契約する方法もあります!

 

工事不要のWi-Fiは電波を受信する通信機器を利用して、Wi-Fi接続でインターネットを利用することが可能。

 

そのため、通信機器が届いたその日からすぐにWi-Fi環境でインターネットを楽しめるのがメリット!

 

また工事不要で使えるWi-Fiは、通信機器を自宅に置いて使う「ホームルーター(据え置き型Wi-Fi)」と通信機器を持ち運び使う「モバイルルーター」の2種類があります。

工事不要のWi-Fi比較!ホームルーターとモバイルルーターの違いとは?

「ホームルーター」は通信機器を自宅に置いて使うタイプのWi-Fiのため、コンセントにさして接続設定をするだけで、すぐに自宅でWi-Fiを使うことができ、「モバイルルーター」は通信機器を持ち運べるタイプのWi-Fiのため、外でもWi-Fi接続でインターネットを利用することが可能!

 

このように「ホームルーター」や「モバイルルーター」なら、工事をせずにWi-Fiを使うことができますが、こういった工事不要のWi-Fiは混雑回避のために3日間で10GB以上など指定の通信量を超えると、通信速度が低下するといった通信制限を設けている場合もあります。

 

そのため、大容量の通信などを利用する際は注意が必要ですが、中には3日制限がないものもあるので用途にあわせて最適なものを選びましょう!

データ容量無制限!自宅で快適にネットを楽しむなら「ソフトバンクエアー」

ソフトバンクが提供しているホームルーター「ソフトバンクエアー」ならデータ容量無制限のため、自宅で快適にインターネットを楽しむことが可能!

 

また「ソフトバンクエアー」はAirターミナルという通信機器を自宅に置いて使うタイプのWi-Fiですが、通信機器のサイズ感はコンパクトなため、インテリアの邪魔にならないのも魅力。

 

ソフトバンクエアーの月額料金
ソフトバンクエアーのみ ソフトバンクエアー+おうち割
月額料金 4,880円 4,880円
Airターミナル
(端末代金)
1,500円×36ヵ月 1,500円×36ヵ月
月月割 -1,500円×36ヵ月 -1,500円×36ヵ月
SoftBank Air スタート割
(12ヵ月目まで)
-1,080円 -580円
合計 3,800円~ 4,300円~

 

ソフトバンクエアーはソフトバンクが提供しているインターネットサービスのため、ソフトバンクのスマホまたはワイモバイルのスマホとセットで利用すると、セット割引「おうち割 光セット」の適用で、スマホの料金が毎月割引に!

そのため、毎月の料金を少しでもお得にしたい人は、ネットとスマホのセット割引を活用するのもおすすめです。

 

ソフトバンクエアーをお得に申し込むならここ!

「ソフトバンクエアー」は公式サイトまたは最寄りのソフトバンクショップで申し込むこともできますが、加入特典でキャッシュバックも欲しい人は、ソフトバンクの「代理店」を通して申し込むのがおすすめです◎

 

代理店で「ソフトバンクエアー」を申し込むと、公式キャンペーンと代理店独自のキャッシュバックキャンペーンを併用することができるためダブルでお得!

 

また下記の代理店なら、加入特典がキャッシュバックまたは豪華特典と選べるタイプとなっているため、お得に「ソフトバンクエアー」を申し込みたい人はぜひキャンペーンサイトもチェックしてみてくださいね。

まとめ

光回線が提供エリア外や工事不可で契約できなかった場合の解決策について紹介してきましたがいかがでしたか?

 

最近は今回ご紹介したような工事不要でWi-Fiが使える「ホームルーター」や「モバイルルーター」もたくさん種類が増えてきているため、光回線が契約できなかった人はぜひこれらを参考に自分にあったWi-Fiを探してみてくださいね!