光回線の解約方法と違約金は?わかりやすく解説

未分類

もしあなたが光回線の解約方法と違約金に興味があるなら、以下のような考えを一度は持ったことはありませんか?

 

・そもそも光回線インターネットの解約金・違約金はかかるの?

・事業者に払う解約金の具体例は?

・プロバイダーに支払う場合の解約金は?

 

光回線の解約方法と違約金に興味がある人であれば、一度は考えたことのある疑問なのではないでしょうか。そろそろ疑問を晴らして、次のステップに進みたいですよね?

 

そこで今回の記事では、光回線の解約方法と違約金について絶対に知っておくべき必須情報を紹介していきます。

 

この記事を読むことによって、そもそも光回線インターネットの解約金・違約金はかかるのかどうかや、事業者に払う解約金の具体例がわかりますよ。

 

記事を最後まで読んだ頃には、光回線の解約方法と違約金について悩むことは、もうなくなるでしょう。

 

先に結論から言うと、今回紹介するのは以下のような内容になります。

 

・光回線インターネットの解約金・違約金はかかるのかどうか

・事業者に払う解約金の具体例

・プロバイダーに支払う場合の解約金の具体例

・解約違約金を支払わなくてもよいケースはあるのかどうか

 

ではそれぞれの内容について、詳しく紹介しましょう。

 

そもそも光回線の解約金・違約金はかかるの?

まずは、光回線インターネットの解約金・違約金はかかるのかどうかを紹介しましょう。解説することを先にまとめますと、以下のようになります。

 

・光回線の解約金・違約金はかかる

・解約金は2社に支払う場合がある

 

ではそれぞれの内容について、詳しく紹介しましょう。

 

光回線の解約金・違約金はかかる

光回線インターネットサービスを解約すると、ほとんどの場合、解約金(解約違約金)が発生します。引越しをするからといって解約しなければならない場合でも、解約金はかかります。

 

解約金は2社に支払う場合がある

自宅で光回線インターネットを利用できるようにするためには、フレッツ光のような”回線提供会社 “と “プロバイダー “の2社と契約するパターンがあります。光回線インターネットの契約がややこしいのは、この仕組みがあるからですね。

 

光回線インターネットを利用すること自体が「サービス」とされていますが、そのサービスの利用には2つの会社が関わっており、契約を結ぶ際には、両社で契約を結ばなければならないのです。そして、契約を解除する際には、両方の会社(回線業者とプロバイダ)で解約手続きをしなければなりません。

 

ただし、OCN光やソフトバンク光などの光コラボやauひかり、NURO光などのプロバイダをセットで提供しているパターンに関しては一か所の窓口への解約申し込みで済みます。

 

光回線とプロバイダをセットで提供しているOCN光

OCN 光申し込みサイト 豪華加入特典を最短2週間還元!
光インターネット回線なら会員数NO.1の「OCN 光」、実質月額963円~(12ヵ月間)!当サイト限定、最大70,000円キャッシュバックやパソコン、タブレット、PS4、Nintendo Switch、WiFiルータープレゼントなど選べるキャンペーン実施中!豪華特典を最短2週間でお届け。

 

光回線インターネット会社の事業者に払う解約金の具体例

ここまでは、「そもそも光回線インターネットの解約金・違約金はかかるの?」についてお伝えしました。

 

「光回線インターネットの解約金・違約金」に関する基礎知識を知ることができたのではないでしょうか。

 

では次は「事業者に払う解約金の具体例」について、紹介していきましょう。ここで紹介しておきたいことを先にまとめますと、以下のようになります。

 

・契約違反に関する違約金がかかる

・フレッツ光の場合は約1万円かかる

・工事費の分割支払いに要注意

・回線撤去工事にかかる費用に要注意

 

それぞれの具体的内容について、次項より紹介していきます。

 

契約違反に関する違約金がかかる

2年分の割引を申し込むと、以下のような特典があります。2年割引とは、2年ごとの契約更新月にのみ解約すると、毎月のネット料金が割引になるというものです。更新月以外の日に解約した場合は、契約内容に違反したことによる解約違約金が発生します。解約料や違約金については、通常は契約書に小さな注意書きがあります。

 

あまり詳細を確認せずに、「光回線インターネットを素早く利用したい!」と突っ走ってしまうと、気づかないことがあります。もちろん、更新月まで待って解約すれば、違約金を支払う必要はありません。

 

フレッツ光の場合は約1万円かかる

回線業者はいくつかありますが、自分の回線業者がフレッツ光と契約している場合の違約金は、どのようなものか見てみましょう。

フレッツ光(二年縛り)の違約金は一戸建てが9,500円、マンションが1,500円です。

 

工事費の分割支払いに要注意

一戸建て住宅の場合、非常に高い違約金を払っていることがわかります。光回線インターネットを利用するためには、回線工事が必要です。そして、ユーザーは初期費用として、契約料と設置料を光回線インターネットサービスのプロバイダーに支払うことになります。

 

この初期費用が約8,000円~18,000円かかります。少し高いので、一括払いをしたくない人は分割を選ぶでしょう。分割を選ぶと、分割支払い完了前に契約を解除したい場合は、残りの工事費を一括で支払う必要があります。工事費の残りの部分の支払いになるので、正確には解約金には該当しません。また、当然ですが、すでに初期費用(作品の費用)を一括で支払っている人は、支払う義務はありません。

 

回線撤去工事にかかる費用に要注意

光回線インターネット解約時に引き込まれた回線などの設備を撤去したい場合は、撤去費用を支払って工事を行う必要があります。これは任意です。別に設備を残しておきたいのであれば、そのまま残しておいて構いません。実際他の光回線インターネットを使いたいのであれば残しておいた方がいいかもしれません。

 

プロバイダーに支払う場合の解約金

ここまでは、「事業者に払う解約金の具体例」についてお伝えしました。解約金に関する理解を、より深めることができたのではないでしょうか。

では次は「プロバイダーに支払う場合の解約金」について、紹介していきましょう。ここで紹介しておきたいことを先にまとめますと、以下のようになります。

 

・プロバイダーへの支払いが発生しないときもある

・各プロバイダ独自の違約金が存在する

・ドコモ光の解約料はマンションも高い

 

それぞれの具体的内容について、次項より紹介していきます。

 

プロバイダーへの支払いが発生しないときもある

光回線ネットワーク契約は回線プロバイダーとプロバイダー会社の両方との契約となるため、プロバイダーに支払う解約金が発生する可能性もありますが、支払いが発生しない時もあります。(詳しくは後述します)

 

各プロバイダー独自の違約金が存在する

解約金の詳細や種類はプロバイダーによって異なりますし、契約しているプランによっても異なります。プロバイダーと長期契約、2年契約、特別割引契約をしている場合、違約金が発生する可能性が高いです。また、違約金がかからないプランもあります。詳しくは自分で契約内容を確認する必要があります。またはマイページからオンラインで確認することができます。たいていのプロバイダーであればマイページで確認できますよ。

 

ドコモ光の解約料は?

定期借家契約をしている場合、違約金は戸建住宅で13,000円、マンションで8,000円です。今回は例としてドコモ光の解約料を出しましたが、他の会社もそこまで金額は変わりません。戸建てのほうは10,000円から15,000円、マンションのほうは8000円から10,000円と考えてください。どの会社もマンションの方が安くなりがちです。

 

解約違約金を支払わなくてもよいケース

ここまでは、「プロバイダーに支払う場合の解約金」についてお伝えしました。

「プロバイダーに支払う場合の解約金」に関する理解を、より深めることができたのではないでしょうか。

では最後に「解約違約金を支払わなくてもよいケース」について、紹介していきましょう。ここで紹介しておきたいことを先にまとめますと、以下のようになります。

 

・基本的に支払いから逃れることはできない

・間接的に解約金をカバーするしかない

 

それぞれの具体的内容について、次項より紹介していきます。

 

基本的に支払いから逃れることはできない

サービス解約違約金は、契約書に記載されている限り法律の効力があるので、支払わなければなりません。違約金が特に高い、解約条件が特に厳しい、契約書が発行されていない、契約書を受け取っていないなどの場合を除き、支払いを逃れることはできません。また、光回線インターネット回線工事費の残額の分割も違約金ではありませんが、当然支払わなければなりません。

 

間接的に解約金をカバーするしかない

他の安い回線やプロバイダに乗り換えた場合、解約金をカバーするほどの高額なキャッシュバックキャンペーンが行われていることもありますので、そういったものを選べば、間接的に違約金を支払う必要はありません。ただし、間接的に違約金の支払いを回避するだけなので、一時的に手出しの金額が発生する事を覚悟しておきましょう。キャッシュバックキャンペーンは回線を引いた後2ヶ月後位に手に入ることが多いです。キャッシュバックを手にしてから、お金を払うと言う事は不可能なので注意してください。

 

解約金を実質無料で乗り換える方法もある

光回線の解約には、解約金や工事費の残債など何らかの費用がかかることがほとんどですが、解約金や工事費残債をキャッシュバックで賄い他の光回線へ乗り換えることが可能です。

 

例えば、光コラボを利用している人であれば、事業者変更という手続きで他の光コラボへ工事不要で乗り換えることが可能ですし、auひかりやNURO光などを利用している方でも他社違約金を還元している光回線へ乗り換えれば、実質無料で乗り換えることができます。

 

どのサービスのキャッシュバックキャンペーンであれば、実質無料で乗り換えられるかを光コラボ比較サイトで簡単に確認できますので、ぜひ参考にしてください。

 

光コラボ キャンペーン一覧
主要な光コラボ各社の新規・転用キャンペーン情報一覧。新規加入で最大49,000円、転用契約で最大38,000円など、お申し込みプランに応じて、お得なキャッシュバックキャンペーン実施中!

 

 

まとめ

以上、光回線の解約方法と違約金について興味がある方に向けて、必要な知識を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?解説してきた内容を改めてまとめますと、以下のようになります。

 

・そもそも光回線インターネットの解約金・違約金はかかる

・事業者に払う解約金の具体例は1万円程度

・プロバイダーに支払う場合の解約金は1万円以上

・解約違約金を支払わなくてもよいケースは基本的にない

・プロバイダーへの支払いが発生しないときもある

・各プロバイダ独自の違約金が存在する

・ドコモ光の解約料はマンションも高い

 

そもそも光回線インターネットの解約金・違約金はかかるのかどうか、はもちろんこと、解約違約金を支払わなくてもよいケースについても、理解いただけたと思います。

もし光回線の解約方法と違約金について興味があるなら、今回紹介した知識をぜひ参考にしてみてください。